ホーム » 部分的な白髪染めなら、全体染めより便利

部分的な白髪染めなら、全体染めより便利


gjshdhshdjshdhshdghgfdhfdjdsjhdjs

定期的に白髪染めをしている女性は何人もいると思いますが、実際それほど頻繁に白髪染めができるかといえばそうでもありません。生え際などはどんどん伸びてきますし、そのたびにリタッチに美容室へ行くこともお金がかかります。ではどうしたらよいのでしょうか?それは部分染めの白髪隠しを使うのです。

白髪染めの部分用タイプも、ひと昔はべったりペンキのようなカラーや塗布しか出来なかったものの、今ではマスカラタイプになったものやコームタイプになったものなど様々です。値段もピンキリになりますから、部分的に隠そうと思った時、どれくらいの頻度で隠すのか、考えながら白髪染めを選ぶ必要があります。

最近になって特に人気があがってきたのが天然成分でできている白髪染めです。ルプルプという商品ですが、素手で扱うことが可能で、シャンプーのトリートメントのように使い、洗い流すだけで済むというものです。

ルプルプの部分染めでは素手で染められるから安全

これで部分染めもすることができます。大体全体に染まるのは2回から3回は集中的に毎日トリートメントすることで染まっていきます。髪の毛や地肌に優しい白髪染めとなっていますから、今ネット上では大ヒット商品となっています。染まりやすさもよく、色持ちもよく低刺激となると、誰でも手が伸びますよね。

部分的に白髪染めをするのは難しいというのであれば、普段からルプルプなどで白髪を染めておくと言う方法もあります。トリートメントを別で購入していると考えると、あまり抵抗はないでしょう。

スティックタイプで部分的に白髪染め♪

部分的白髪染めは使うと手放せなくなります。前日にさっと白髪を隠してくれる、イベント前などには重宝します。使っていくたびに徐々に黒くなっていく商品もありますが、部分的にスティックタイプで染めることができる白髪染めもあります。このようなタイプは一度シャンプーすると落ちてしまいますから、また外出や会式などがあった場合は染め直す必要があります。

利尻白髪隠しというのがありますが、こちらはスティックタイプです。明るい髪の毛をしているのならブラウンでも大丈夫でしょう。黒っぽい色をしているのならブラックを選ぶとしっくりきます。ブラックと言っても真っ黒ではありませんので、それほど浮かずに済みます。またKIWABIというルートヴァニッシュがありますが、こちらもオススメのスティックタイプ。

d2e4f33cdsjdしjdsjdda0fbe5eb7fe824cc4080d77_s

スティックタイプの白髪染めは部分染めに適している

どちらかというと30代向け?な若い人向けのアイテムの様に感じます。マスカラが柔らかいので塗りやすく、全国送料無料で定期購入だと割引になるシステムです。また有名どころでいうとラサーナヘアカラースティックも見逃せません。チューブタイプになっており、実際は利尻のようにスティックのほうが使いやすいのですが、ラサーナを白髪染めに使っているのなら、ライナップが同じでカラーもそろいますからオススメです。

このように色々な部分染めがありますが、そろそろ白髪が出てもおかしくないのは30代後半です。目前に迫ってきている白髪の恐怖は計り知れませんが、それでも現実に白髪は出てきますから、白髪染めをうまく使いましょう。

増えてきた白髪は、どう隠す?

 

スティックタイプがおすすめ?
カテゴリ
最新の投稿